【限定公開】高価買取のおすすめ切手買取業者を確認する

中国の赤猿切手の価値と買取相場!本物・レプリカ・北朝鮮

赤猿切手 切手の買取相場
この記事は約6分で読めます。

本記事では、中国切手の中でも特にプレミア価値が高い赤猿切手の価値・買取相場について紹介していきます。

中国の経済成長・不動産価値の上昇により中国国内でも世界トップクラスの富裕層がたくさん生まれています。それに伴い、価値が安定しやすい安全資産の投資対象やコレクションとして中国切手を収集している人もいます。

1970年代から始まった切手ブームに連動する形で1980年に中国年賀切手として最初に発行された子ザル(赤猿)切手は発行枚数・希少性の観点から、バラ切手1枚でも未使用の美品だったら10万円を超える価格で買取してもらえる可能性も高い切手です。本記事で赤猿切手について一緒に勉強していきましょう!

  • 赤猿切手は偽物も多く出回っているので身元がはっきりした会社に鑑定してもらう
  • 北朝鮮発行の赤猿切手でも状態が良ければ価格がつく業者もある
  • 赤猿以外に文化革命下に発行された切手は中国人コレクターから絶大な需要があるプレミア切手

赤猿切手の特徴

赤猿切手
赤猿切手は、1980年に中国郵政が歴史上初めて発行した中国年賀切手(T46 年賀切手(申) )です。子ザルがデザイン図案として選ばれた背景には、1980年の干支が猿であったため、縁起の良い赤い背景に子猿が採用された歴史を持ちます。

年賀切手は1991年のひつじ(未)の干支まで発行されていますが、中国郵政が初めて発行した年賀切手の赤猿に大きなプレミア価値がつきます。文化革命下によって中国政府から切手の収集が禁止されたいたという背景もあり、中国国内から日本など周辺諸外国に切手が多く流出しています。そのため、中国国内で現存している枚数が少ない&保存状態が良い美品が少ない(バラ赤猿切手と比較すると完全未使用の美品の赤猿切手シートの現存数も少ない。)という点も大きいです。

■赤猿切手の発行枚数

切手商品名 赤猿切手(中国年賀切手)
発行年 1980年
発行国 中華人民共和国
発行枚数 500万枚(800万枚発行予定だったが、500万枚に変更)
主なコレクター 中国人コレクター、日本人コレクター
中国十二支切手 赤猿のみプレミア価値が高い
現在の発行状況 絶版(発行終了)

赤猿切手の価値

赤猿切手の価値は上述した通り、文化革命が終わった後の社会が落ち着かない状態で発行されたこともあり、中国切手の中でもトップクラスの価値を持ちます。

赤猿切手以降に発行された年賀切手(1991年のひつじまで)は、国外に流出する数も少ない傾向にあり赤猿切手よりも発行枚数が安定していて、保管状態が良い美品が多く出回っています。そのため、十二干支が集まった年賀切手でなく、赤猿切手だけでもプレミア切手として価値がつく例外中の例外の切手として取引されています。

祖父母や両親から譲り受けた切手ブックの中に赤猿切手が紛れ込んでいる可能性もあるので、プレミア価値がある赤猿切手を査定できる買取店に査定依頼することを強くおすすめします。

赤猿切手の買取相場

赤猿切手
赤猿切手の買取相場は、保管状態やバラ切手・シート切手で買取価格が大きく変動します。また、中国人コレクターの中には安全資産として赤猿切手を現金に変える目的で投資商品として扱っている人もいます。

そのため、中国経済の情勢やコレクターの考え方などで買取相場が大きく変動するという前提を理解してください。

赤猿切手の買取相場は、状態良好でバラ切手1枚で10万円以上赤猿シート切手で未使用品なら数百万円を超える買取相場が期待できます。

日本で発行された記念切手や中国切手と比較すると破格の買取相場ということが分かります。明治時代に日本で発行された手彫り切手の桜切手や竜切手にも引けを取らないプレミア切手として高価買取される切手です。

北朝鮮の赤猿切手の買取相場

北朝鮮が外貨獲得を見込んで中国の赤猿切手と類似した図案の切手を発行しています。中国赤猿切手の偽物(レプリカ)という表現をする人もいますが、北朝鮮から発行されている正式な切手なので切手自体に価値はあります。

ただし、発行枚数も多い上にデザインが酷似していることもあり、本家本元の赤猿切手よりクオリティが下がってしまうのが現実です。本物の中国切手と比較するとデザインが異なる上にハングル文字が使用されているので、すぐに見分けがつきます。

北朝鮮から2013年に発行された赤猿図案の切手はバラ切手1枚100円〜300円前後で取引されています。フリマアプリのメルカリなどでは1枚300円前後で取引されています。外国切手コレクターからは切手コレクションの1枚として価値があります。

■北朝鮮の赤猿切手

切手商品名 赤猿切手(北朝鮮)
発行年 2013年
発行国 朝鮮民主主義人民共和国
発行枚数
主なコレクター 切手コレクター
現在の発行状況 絶版(発行終了)

赤猿切手の本物とレプリカの見分け方

前述している北朝鮮発行の赤猿切手や遼東半島解放記念小型シートなどは、発行している国が異なっている上に本物の赤猿切手と比較するとデザインが異なるので見分けることは簡単です。

例えば、遼東半島解放記念小型シートだったら切手シートのデザインも異なる上に右下の数字に斜線が入っているので、すぐに中国赤猿切手と異なるという判断ができます。

もっとも本物との区別がつかないのが精巧に作り上げられた中国赤猿切手のレプリカ(偽物)です。ただし、NHKの中国切手収集家の特集でも紹介されている通り、1980年から1991年に発行された十二干支の中国年賀切手シリーズを購入する人は、赤猿切手だけレプリカのセットを買い求める人がいるのも事実です。

また、切手の鑑定眼を持つ切手コレクターでも精巧に作り上げられたレプリカ(偽物)と本物を見分けるのは難しいケースもあります。本物の赤猿の価値が分かる買取業者に依頼するのがおすすめです。

赤猿切手のおすすめ買取業者

バイセルの切手買取
赤猿切手のおすすめ買取業者は国内トップクラスで月間20,000件以上の問い合わせ実績を持つ上場企業のバイセルです。

赤猿のバラ切手1枚で10万円を超える買取価格、シート切手なら数百万円を超えた買取実績も持ちます。日本全国47都道府県を対象に切手の専門知識を有した査定員が常駐しており、最短即日で出張料・買取手数料・キャンセル料が完全無料の出張買取を依頼できます。

面倒な手間をかけずに切手コレクションを整理しなくても玄関先で1点1点、丁寧に査定してくれます。テレビCMも放映している信頼性が高い企業であなたの切手コレクションをもっとも高く売りましょう!

下記、バイセルの企業情報です。土日祝も24時間、携帯・スマホから通話料無料で相談可能です。まずは電話もしくは公式サイトからメールで無料相談しましょう!

サービス名 バイセル
電話番号 0120-542-664
買取予約 https://speed-kaitori.jp
本社 東京都新宿区四谷4丁目28−8 PALTビル8F
定休日 年中無休(災害時を除く)
営業時間 24時間営業
備考 季節事情など一部地域で出張買取が難しい場合があります。
コールセンターに相談してください。

まとめ

赤猿切手の価値を紹介する女性
いかがだったでしょうか。中国文化革命下の混沌中に発行された中国郵政の歴史上初の年賀切手として高い人気を誇る赤猿切手の買取相場や価値を紹介しました。

本記事でいかに赤猿切手の価値や買取価格が高いか理解できたと思います。日本人の切手コレクターも比較的簡単に収集できたので、自宅の蔵に眠っている切手コレクションや祖父母から譲り受けた切手ブックを持っている人は信頼性が高い買取業者に相談してください。

最後に本記事の情報をおさらいしましょう。

  • 赤猿切手はレプリカ品だと価値はつかない可能性がある
  • 北朝鮮発行の赤猿切手と本物の赤猿切手は見分けやすい
  • 本物の赤猿切手は素材も良く作りがしっかりしている
  • 赤猿切手の保管状態などでトラブルになることもあるので、オークションなどの個人間取引よりも専門業者に査定依頼するのがベター
切手処分の悩みを相談してください!
LINEで無料相談
友だち追加

LINEで損せずに切手が高く売れる買取業者の質問や切手買取の疑問を無料相談しませんか?
譲り受けた価値が分からない切手の買取相談におすすめの切手買取サービスを専門家が第三者視点でアドバイスします。

本サイトは、切手の買取を行いませんが、東京都公安委員会・渋谷警察署から認可を受けている専門スタッフがお答えいたしますので、安心してください。

切手の買取相場
シェアする
切手買取タウン
タイトルとURLをコピーしました